12月8日、神奈川芸術劇場で、ミュージカル『ロッキー・ホラー・ショー』の発表記者会見が行われた。発表会には、古田新太(46)、ROLLY(48)、藤木孝(71)らが登場した。

本作は、73年ロンドンの小劇場で公演され話題となったカルト・ミュージカル。75年に映画化されるなど現在でも根強いファンがいる作品である。

今回の公演は、日本で11年ぶりの上演となり、古田は3代目の主役フランク・フルター役を務める。過去には初代を藤木が2代目ROLLYが務めてきた。古田は

「中学生の時に見てはまった。めっぽう楽しいミュージカルで、アトラクションに乗っている気分になれると思うから、中高生に見てほしい」と作品をPRした。

謎の人物エディを演じるROLLYは
「ロックミュージカルというものはいろいろあるんですけど、これ以上のものは今のところない。僕の人生の中で、最も愛すべき大変態ロックミュージカルです」と作品を絶賛していた。

また、個性的な衣装に衣装について聞かれると、SM嬢のような衣装に身を包んだ古田は「普段と変わらない。慣れっこです」と話すと、ROLLYも「舘ひろしさんみたいです」と話し、会場の笑いを誘った。(撮影:小山伸正)