1月10日に、FIFAバロンドール2011で女子年間最優秀選手に選ばれた、なでしこジャパン(女子日本代表)主将の澤穂希選手。

「アスリートのCMギャラは成績と連動します。女子アスリートでは、澤穂希選手(33)の躍進が目覚ましいですね」と、大手広告代理店関係者は語る。

東日本大震災という激動の年を経て、有名人のCMギャラにも変化がみられるようになったという。そんななか、本誌は大手広告代理店が作成したCMギャラリストを独占入手。そこから2012年の最新基準価格が判明した!

アスリート部門では、W杯で優勝し’11年の流行語大賞にも輝いた、なでしこジャパンが大きく価格を上昇させる結果となった。

「澤選手のCMギャラ価格は、トータルで5千万円です。本人のCMギャラ3千万円に加えて、所属チーム『INAC神戸レオネッサ』のスタジアムの看板広告を出すという“チーム協賛”に年間を通して入ることが条件です」(大手広告代理店関係者)

かなり強気の価格設定にも思えるが、前出の広告代理店関係者はこう続ける。

「このチームの変わったところは、澤選手一人でもほかのチームメイトがいてもCMギャラが同じだということなんです。広告代理店関係者の間では「『澤よりビジュアル面では上』と、川澄奈穂美選手(26)を強く推す声も高いですね」

関連タグ: