環境省が発表した『平成24年春の花粉総飛散量の予測』(平成23年12月27日)によると、今年のスギ・ヒノキ科花粉総飛散量は、例年との比較では全国的に例年並みか、例年よりやや少なくなる見込み。

しかし、花粉総飛散量が少ないからといっても、花粉症は本当に厄介なもの。飛散した花粉が干してある洗濯物に付着し、それが元で症状を起こすことがあるという。

その対策として、花粉が多く飛ぶ午後を避け、午前中に洗濯する人も多いそうだが、中には短時間で洗濯物はなかなか乾かないと困っている人もいるのではないだろうか?

そんな人にオススメしたいのが、『日立洗濯乾燥機 ビートウォッシュ BW-D9MV』。なんと、この商品には外干しなどで衣類に付いた花粉を洗濯機内で落とし、排水と一緒に流してしまう『花粉コース』が搭載されているのだ。

洗濯機の買い替えを考えているあなた。花粉症に毎年悩まされているなら、検討してみてはどうでしょう。

関連タグ: