2月23日、都内で、『たまごクラブ マタニティプレミアムサロン』のイベントが開催され、
昨年10月に長女を出産したタレント神田うの(36)がマタニティードレスにもなる、授乳ができる『UNOUNO』のワンピースを着て登場した。

神田は「この子中心で、プラスアルファ、お仕事をしようというふうになった。基本は娘がいた上で仕事をしている。このトークショーも娘がいたおかげでできますし」感謝の言葉を述べた。

ママ予備軍の女性たちに「子育ては神様からあずかった命を大事に育てて、社会に送り出す一番のビジネス。やっぱり、お母さんは責任がありますよ」と語り、妊婦たちの共感を集めていた。現在、産後4カ月で、出産前から6キロ増の状態といい、「完全母乳で育てているので、自然に逆らいたくない。産んでから1年後くらいに戻れば」と笑顔で語った。

また、「体型の変化については開き直っています。私は19キロ増えました。赤ちゃんを守るために脂肪がつくのは自然の摂理。私はそれに対して恐怖心はなかったです」と振り返り、「確実にすてきな宝物がやってくるので楽しんで過ごしてください。やってきてからけっこう忙しいです」とアドバイスした。

関連タグ: