2月25日、東京・恵比寿のヱビスビール記念館で、『ヱビスの日』認定記念トークショーイベントが行われ、俳優の役所広司(56)と松山ケンイチ(26)が出席した。

同イベントは日本で初めてビール商品で記念日登録されたことを祝して開催されたものである。2人はヱビスビール記念館の一日館長に任命され、会場の招待者らと記念日認定を祝い、乾杯を行った。また、2人は現在、同ビールのテレビCMに出演している。

役所は「ほぼ毎日いただいてます。数年前にここに来たとき、おいしいつぎ方を教わった。僕けっこう才能あるんですよ。最初は泡を立てて、泡が小粒になったら…」とコツを披露していた。また役所は商品の魅力を「飲んでおいしい! 苦味とかコクとか、100年以上この味を守り続けている。若い頃は、ヱビスビールは高値の花だったんですけど、今でも、大人になった気分にさせてくれるビールですね」としっかりPRした。

さらに「松山くんとヱビスビールを盛り上げていきたい」と語ると、松山も「ヱビスビールに似合う男ではないかもしれないですけど、役所さんとヱビスビールを盛り上げていきたい」と答え、CM同様、息の合った掛け合いを見せていた。(撮影:小山伸正)

関連タグ: