2月26日、 東京・お台場のヴィーナスフォートで、映画『ライアーゲーム-再生-』の公開に先駆け放送されるスピンオフドラマ『アリス イン ライアーゲーム』のトークイベントが行われ、人気子役の芦田愛菜(7)と濱田まり(43)が出席した。

イベントでは芦田と濱田のトークショーのほか、『REAL LIAR GAME』と題したゲームを実施。事前に抽選で選ばれた150人の一般参加者が、同作に登場するゲーム『少数決』『スモール&ラージ』『イス取りゲーム』で勝敗を競い、優勝者には原作者・甲斐谷忍氏(44)の書き下ろした原画などが贈られた。

同作でゲームを仕切る冷徹な事務局員アリスを演じる芦田は「実際演じて見ると、ニコニコ顔のアリスから笑わないアリスへのお芝居は難しかったです」と振り返り、「クールな表情を崩さないようにするのが大変だった。苦労はなかったです」と断言した。また、「アリスがどうして事務局に入ったのかなと思っていたんですが、ドラマの台本を見て分かりました。スピンオフドラマもぜひ見てください」としっかりPRした。濱田は「イス取りゲームの奥深さとそれに翻弄される20人の大人たちが面白いです」と見どころを語っていた。(撮影:小山伸正)