‘09年8月2日。この日の夜を堺に押尾学の人生は、すべてが暗転した。あれから955日。その主張は届かぬまま、彼は今月、刑務所に収監される。3年半ともいう獄中生活。近づくその時を目前に、彼は「自分の思いをそのまま伝えること」を条件に本誌の取材に応じてくれた。

「自分が犯した罪は認めていますし、当然、反省もしています。でも、真実と違うことが、法廷でもまかり通っていくことは、本当に許せなかった。でもこれには、正直、押しつぶされそうになりました。心が追い詰められて、寝ることもできなかった」

拘置所での苦悩の日々に、精神的にも限界だったという押尾。そこから、自殺を考えるようになっていった――。

「てっとり早く首でも吊ってしまおうと思っても、監視が厳しい拘置所では無理。でも、いつか実行してやろうと考えていました。釈放後も、ずっと自宅閉じこもりきりで、自殺への思いは捨てきれませんでした。どっか高いところから飛び降りてやろうか、どこで首を吊ろうか、その少し手前まで実際に行動を起こしたことも、何度もありました」

精神的に追い詰められ、体にもある“異変”が起きていたという。

「この髪の毛、黒く染めているんですけど、落とすと真っ白なんです。逮捕されてから、一気に白髪だらけになってしまいました。通っていた美容院は事件後にはいっさい拒否されました。美容院だけでなく、レストランや洋服のショップなんかもね。その豹変ぶりは本当にすごかった。でも去年の夏ごろ、自分から死ぬことは、やめようと思いました。僕が自殺するのは、おとしめようとした人たちにとって、思うつぼなのかなと思って」

関連タグ: