「10代の50%が見ている」という伝説を持つ最旬バラエティ番組『ピカルの定理』(フジテレビ系・22時)。今回は、収録が行われているフジテレビ湾岸スタジオに潜入。コント『白鳥美麗物語』で人気を誇る渡辺直美(24)に”ピカル”人気の秘密を聞いた。

白鳥美麗の撮影が終わると同時に「暑い〜」とカツラを取った渡辺。「驚かせてすみません。実はズラがとっても暑くて(笑)」と語る美麗ちゃん。至近距離で目にしたところ、眉山の高さは7センチもある。眉は描いているの?

「これは接着剤でつけています。だからすごく痒いんですよね(笑)。美麗ちゃんって美のために忍耐強く努力しているんです。やはりマドンナですからね!」

収録は毎週、早朝〜深夜までの超ハードスケジュール。丸一日、怒濤の勢いで幾コントも収録する日は、深夜になると自分の演じているキャラクターが分からなくなってしまうこともあるという。

「美麗ちゃんの収録のときに、『年の差婚』の若妻の役とごっちゃになってしまって(苦笑)。若妻の『あっはーん❤』という色っぽい声を出してしまい、『あっ、この声は違う!』と気づいたこともありました。休憩中に気分が入れ替わればいいんですが、つい、ご飯をいっぱい食べちゃったりしますね」

そんな渡辺を支えるのが、ピースの綾部祐二(34)だ。以前、渡辺が新幹線に乗るため急いで走っていたところ、ファンの女性にサインを頼まれたことがあったという。理由を話し断ったが腕を放してくれず、結局、遅刻するはめになったが……。

「そんなとき私、すごく嫌な顔しちゃうんです。でも、ピースの綾部さんに『それも、いわゆる俺たちの仕事のうち。注目してもらってるってプラスに考えろ。絶対にキレるな!』と言われたんです。綾部さんは、ピカルメンバーのリーダー的存在なので、私たちの前では『しっかりしなきゃ』という思いが強い。その分、仕事を離れたら本当は甘えたいんじゃないかと思うんです。だから、熟女好きなのではないかと思います」

【関連記事】
「ノブコブ徳井が楽屋でうんこを…」『ピカル』メンバーの素顔
友近 渡辺直美に打ち明けていた「結婚&出産」への悩み
ニサバンナ高橋 「韓流」美女モデルとの“同棲”認める
渡辺直美 イケメン芸人を新居に“拉致”してまさかのお泊り!