4月15日、都内で、TBS系とフジテレビ系の共同放送番組『2012ロンドンオリンピックバレーボール世界最終予選』の制作発表が行われ、スペシャルサポーターとして5人組アイドルグループ『Sexy Zone』が出席し、同大会イメージソング『キミのため ボクがいる』の完成を報告した。

同曲はスペシャルサポーターを務めるメンバーの佐藤勝利(15)が初めて作詞に挑戦。歌詞に名前と同じ『勝利』という言葉を入れた佐藤は、「キーワードとして恥ずかしながら意識しました」とテレ笑い。「応援歌というだけでなく、世界がまとまっていければいいという大きなメッセージも込めた」と話した。

楽曲は応援にふさわしい明るく元気なナンバー。歌詞には『約束の勝利に 体が弾む』など勝利へ向け、日本が団結する姿を描いている。

注目選手について、マリウス葉(12)は「女子の竹下さん。体は小さいけど心はすごく大きいと思う」と答えた。これに対して、中島健人(18)が「仲いいよね。よくあいさつしてるよね。好きなの?」とはやし立てると、「好きではない。選手として…」と赤面。さらに菊池風磨(17)に「そこまであわてると、かえって怪しい」と突っ込まれていた。