「先日、英司(スギちゃんの本名)が帰ってきたとき、女房と3人で写真を撮った。近所の人に『テレビで”ワイルドだぜぃ”と言ってるのは、英司だ』と言っても誰も信じんから。だから証拠写真を残そうと思って(笑)」と、話すのは、「ワイルドだろう?」の決め台詞で大ブレイク中のお笑い芸人・スギちゃん(38)の父・健さん(72)。

実は健さんは、5年ほど前まで妻の百合子さん(70)と「まじかるタケシとチャイナ百合子」として舞台に立っていた夫婦マジシャン。息子のスギちゃんは、鳴かず飛ばずの芸人生活が18年も続いたが、父はなんと28年間もブレイクしないまま、夫婦で舞台に立ち続けたという。

そんな父の姿を見ていたからこそ、スギちゃんも梅を諦めなかった。売れないころは、大きなおっぱいを作って「おっぱい先生」とかをやっていた息子に、健さんは「下ネタはやめたほうがええ。女の人や子どもが引くからね」とアドバイスしたこともあった。だが、その1度きりで、あとは黙って見守り続けた。

「好きなことだったら、売れなくてもやり続けられる。わしも女房に怒られながらも手品をやり続けた。英司のためになるようなことは何もしてあげられなかったけど、そのかわり、あの子の好きなことは存分にやらせてあげた。40歳ぐらいまでには何とかならんかなぁとは、正直思ってたけど(笑)」(健さん)

5月3日、名古屋近郊にある実家へ3年ぶりに凱旋帰郷したスギちゃんを見ようと、実家には親戚一同が集まった。そのときのことを健さんはこう語る。

「集まってきた親戚から『いまのネタはすぐに飽きられるぞ』と言われてた。英司も『わかっとるわ。これからは子どもやお年寄りにも好かれる芸人になる』と返してた。翌日帰京する際、家族に見送りに来ないよう言っておきながら、玄関でビデオカメラの自分撮りを始めて。『じゃあ、スギちゃん帰るぜぇ。でも、誰も見送りにこないぜぇ』と言って戻っていった(笑)」

関連タグ: