《過去の記憶は、もうほぼ回復してきた感じがするかな》

6月30日付のTwitterでそう綴るのは昨年10月にくも膜下出血で倒れ、療養中のKEIKO(39)。

「Twitterを定期的に更新することはリハビリの一環でもあるんです。定期的に主治医の診断を受けながら、散歩したり、近所の美容室に行ったり、日常生活を穏やかに送っています。気分のいい日は、globeの曲を家族の前で歌えるほど順調に回復していますよ」(音楽関係者)

夫・小室哲哉(53)は7月2日放送の『SMAP×SMAP』にTM NETWORKとして出演した。

「中居正広さんと木村拓哉さんは、KEIKOさんと同い年ということもあって、収録の合間に小室さんに彼女の回復状況を聞いていました。彼女の〝復調〞ぶりを聞き、2人とも表情を和らげると、小室さんもほほ笑んでいました」(前出・番組関係者)

小室は仕事の傍ら、妻の病状を常に気にしており、〝以前よりも家族思いになった〞
と前出の音楽関係者。

「『どうぞKEIKOをお守りください』と、5年前に脳出血で亡くなったKEIKOさんの天国のお父さんへ、毎日お茶をあげているそうです。KEIKOさんのリハビリにも積極的で、少しでも楽しく続けられるように、今は夫婦で汗かきながら『Wii』に励んでいます。彼女が髪を切ったら、小室さんが『キレイになったね』と声をかけるようになるなど、闘病生活で夫婦の会話が増えて、絆も深まったようです」

〝新生globe〞の生声が聴ける日もそう遠くないかも。

関連タグ: