「今の大河、汚ねぇだろ!あれはヒドいよ。あ、同じNHKのドラマだけど、大河に関わっている人はいないよね?」という津川雅彦(72)の爆弾発言に、会場は凍りついた——。

7月下旬、東京都内のカフェを会場に、NHK BSプレミアムで放映中のドラマ『薄桜記』の打ち上げが行われた。150人近くの人々でごった返す会場には、主演の山本耕史(35)のほか、ヒロインの柴本幸(28)、津川雅彦、萬田久子(54)ら出演者の面々も顔をそろえていた。

挨拶で壇上に立った山本は「撮影が始まる前に、台本が11話分全部できていて、結末も知っていたので、演じるときには気をつけました。続編もすごくやりたいですけど、台本の最後を読むと”続編はないな”って。本当に残念です」と出演者たちを笑わせた。そんな和やかなムードを一変させたのが、津川の挨拶での発言だった。

BSとはいえ同じNHKの時代劇ドラマの打ち上げで、まさかの大河ドラマ批判。会場は微妙な空気に包まれた。それでも津川は壇上での”毒演会”をこう続けた。

「ドラマで大事なのは1に台本、2に映像、3に役者。俺が出た大河は台本もしっかりしていたし、映像もキレイにしていた。今の大河の役者は過去の栄光か何かで選んでいるかもしれないが、大事なのは、今、しっかり演じられるかどうかです!」

まるで松山ケンイチ(27)が”しっかり演じていない”からダメなんだ、と言わんばかりだったという。津川は、’68年『竜馬がゆく』から’06年の『功名が辻』まで、9本もの大河ドラマに出演している。打ち上げ会場にいたNHK関係者はこう話している。

「津川さんの演説は辛辣すぎて、『清盛』の低視聴率に悩み続けている松山ケンイチさんが聞いたら、それこそ卒倒しそうな勢いでした。”旬の俳優”として主役に選ばれ、妻・小雪さんの出産などで私生活も注目されている松山さんに対して津川さんは、ライバル意識も持っているようでしたね。演説の最後に、『俺はまだ旬な人でいたいんです!これからも(マスコミに)バシバシとスクープされたい!』と言っていました」

こうなったら、津川の緊急出演で『清盛』を救うしかない!?

関連タグ: