29日、人気アイドルグループ・AKB48の小嶋陽菜(24)が映画『白雪姫と鏡の女王』のCMオピニオンに就任し、都内で行われた発表会に出席した。

名作童話『白雪姫』を基に、運命を自ら切り開くプリンセスと何でも欲しいワガママ女王のバトルを描いた本作。スリリングかつロマンチックなファンタジー・エンターテインメント。

本作の見どころの1つでもある女王と白雪姫の女子力バトルにちなみ、AKB48で女子力の高いメンバーを聞かれると「高橋みなみ。あぁ見えて、色もピンクが好きで、いい匂いのボディクリームを付けてたりするので…」と紹介するも「AKB48でプリンセスだったら、私かな。たかみなも女子力高いけど、プリンセスは私!」と自信たっぷりに言い切った。

小嶋は先日グループを卒業した前田敦子(21)について「7年前のあっちゃんとは全然違ってかっこいいなと思った。メンバーの中でもあっちゃんは尊敬しています」と語った。また、自身もチームAからチームBへの移籍が決定したことについて「AKBがどんどん新しく変わって、あっちゃんがいなくなってもパワーアップすると考えるとすごくいい人事だと思います」と前向きにとらえた。(撮影:河崎文雄)

関連タグ: