15日、都内で、映画『ヴァンパイア』の初日舞台挨拶が行われ、女優の蒼井優(27)が出席した。

同作は、岩井俊二監督が自ら執筆した同名小説を原作に、全編英語で撮影された恋愛映画。病身の母親と暮らす高校教師サイモンは、あるウェブサイトに集まる『死にたい少女たち』の血を求め、彼女たちと人生最後の1日をともにしながらやがて純愛に目覚めていく。

この日、自身初のショートヘア姿で登場した蒼井は「生まれてから髪が伸びる過程でしかショートヘアになったことがないので、0歳以来、27年ぶりです」と照れ笑い。岩井監督も「新鮮な感じで似合ってるなと思います」と絶賛した。

同作で、日本人留学生のミナを演じた蒼井。岩井監督とは8年ぶり3度目のタッグを組んだが「また岩井さんとこの壇上に立てることが嬉しいです」と感激の様子。また、作品については「だいぶ変態な作品になっていると思います。褒め言葉のつもりですよ」と明かし、会場を沸かせた。

 また、同い年の女優、上戸彩の結婚についてコメントを求められ「素晴らしいと思います」と祝福。自身も俳優鈴木浩介(37)と交際中で、「ご自身の幸せは?」と聞かれると「フフフフ…」と笑って会場を後にした。(撮影:河崎文雄)

関連タグ: