25日、都内で、映画『ツナグ』の特別試写会が行われ、俳優の松坂桃李(23)、女優の樹木希林(69)が出席した。

本作は、直木賞作家・辻村深月の同名小説を映画化。死者と生者を一度だけ再会させることができる『ツナグ』という務めを負った青年が、思いを残したまま別れることになった人々の再会に立ち会う中で成長していくさまを描く。

この日は、歌手JUJU(36)が主題歌『ありがとう』を会場で生披露。以前、『麒麟の翼 劇場版・新参者』のイベントで、JUJUの主題歌『sign』を同じ会場で聞いたという松坂は「不思議な縁だなと」と感動。これにすかさず樹木は、松坂に「JUJUさんは独身なの?」と質問。松坂が「どうですかね?」と困惑した表情で答えるも「何か生まれると良いわね」と、『ツナグ』にちなんでふたりをつなごうとすると、会場の女性ファンから「ええー!!」と絶叫!樹木はそれを聞いて「大丈夫よ!」とおどけ、会場は笑いに包まれた。

また、主題歌『ありがとう』を生披露したことから『感謝したい人』を聞かれた松坂は「役者人生において生かせることを肌で感じられたので、この作品に出合えたたことにありがとうですね」と感謝の言葉を述べた。(撮影:河崎文雄)

関連タグ: