今月1日にバラエティー番組収録中の事故で胸椎粉砕骨折・全治3カ月の重傷を負い入院していたお笑い芸人のスギちゃん(39)が26日、異例の早期退院を果たし、復帰会見を行った。

コルセット姿で登場したスギちゃんは、3本のボルトで患部を固定する手術を受けていたことを報告。医師から「驚異の回復力」と仕事復帰にGOサインが出たそうで、「これからワイルドに攻めていくぜぇ」と宣言した。

人気絶頂期に襲った突然の事故にスギちゃんは「終わったと思った。芸歴、短かったなと…」。入院中には悩みや焦りをブログにつづり、白髪も増えたという。しかし、会見場に集まった約100人の報道陣を見渡すと「うれしい。まだ忘れられてないな」と安堵の表情を見せた。

10月1日のフジテレビ系『笑っていいとも!』でテレビ復帰を果たすスギちゃんだが「危険でアグレッシブでパワフルなお笑いをしていきます。15メートルの台から飛び込もうかな。上に15メートル飛んで30メートル飛ぶぜぇ」と、ワイルド全開。しかし、新ネタを求められると「あ、痛くなってきた…。その話はちょっと」とコルセットを押さえて、笑いを誘っていた。(撮影:柴田悟)

関連タグ: