『ひみつの嵐ちゃん!嵐シェアハウスSP』(TBS系・10月11日21時~23時18分放送)のゲストに明石家さんまが登場。コーナー初となる嵐5人勢揃いでのシェアハウスは、なんと収録が2時間超え。トークのあいだ豪華な食材をマツジュンが調理するも、あまりの盛り上がりにメインの松阪牛は焼かれることなく終了。トークのフルコースの回となった。

そこで、収録を終えた嵐に本日の感想を聞いてみた。

二宮和也「段取りをわかっているのに、こんなに時間が過ぎるもが早いなんて。”楽しい時間はあっという間”という言葉どおりの収録でした」

松本潤「たしかに、2時間を超える撮影だったけど、疲れるというよりはむしろ元気になった感じですね。さんまさんの笑いの力は圧倒的だなあ」

櫻井翔「誤解を恐れずに言うなら、さんまさんも人間なんだなということをすごく感じたというか。心に響く言葉がいっぱいあったな、って思います」

大野智「うん、本当に。”あ、同じなんだ”っていうことをいろんな話を聞いていて思ったね。さんまさんも”いつ自分が(芸能界から)いなくなるのかわからない”っていうことを考えているんだ、とか。(さんまさんを)非常に身近に感じられる時間でした」

相葉雅紀「ほかにも”何年間も体重が62キロのまま”だとか、ビックリするようなことをたくさん話してくれてよね。ひとつひとつのお話がすごく面白くて、ホントに時間があっという間に過ぎたって感じ」

大野「今回は2時間だったけど、もっとずっと聞いていたかったです。なんか、さんまさんの家に行きたくならなかった?」

松本「それ、わかる。家でバーベキューやらせてくれないかなあ、って思った」

桜井「(松本は)今日はずっと焼くことに専念してくれたしね」

大野「松本さん、手だけがずっとカットインしてたよ」

松本「肉を焼いたほうがいいかな? いや”肉を食べる”ってなったらまた時間がかかるな、とか思いながら……(笑)」

2時間18分の番組には、明石家さんまの他にもゲストが出演予定。2時間以上の超濃厚トークがどんなふうに、何分になって放送されるのか……? 乞うご期待です。

関連タグ: