7日、埼玉・北本市に誕生した江崎グリコの工場見学施設『グリコピア・イースト』のオープニングセレモニーが開催され、女優の綾瀬はるか(27)がゲスト出演した。

同施設は『ポッキー』や『プリッツ』の製造工程を見学できるほか、おまけとして付いていたおもちゃ1500点が展示されているミュージアムゾーン、ジャイアントデコポッキー作りを体験できるミニファクトリーなどで楽しめるもの。

CMキャラクターを務める綾瀬は、同社のシンボルであるランナーのポーズを決めてニッコリ。「グリコのお菓子がこれからも愛され続けますように」とあいさつし、テープカットを行った。

綾瀬は隣接した工場から届いたできたての『プリッツ』をかじり、「塩加減がよくて、とてもおいしい」と笑顔。見学施設を事前に内覧したといい「焼き上がって箱に入る工程があっという間でビックリしました」と普段見られない工場内の様子に感激しきり。時系列で展示された1500点の『グリコのおもちゃ』には「ひとつひとつがとてもかわいかった。自分も幼い時に集めていたのを思い出しました。ゲームもあり小さい子も楽しめる」とアピールした。(撮影:桑原靖)

関連タグ: