女優の米倉涼子(37)が来年4月1日創刊の女性誌『DRESS』の表紙キャラクターを務めることになり、29日、都内で発表会が行われた。

『DRESS』は独身アラフォー女性がターゲット。結婚よりも恋愛を上位に考えることで、結婚はひとつの結論でしかなくなるという概念を雑誌の軸にしている。

米倉は、オファーを受けた時を振り返り「『私は結婚してもいいんですか?』って聞きました。万が一のチャンスを逃してしまうかもしれないので」と結婚願望もチラリ。山本由樹編集長からOKはもらったが、「4カ月は結婚しないでくださいと言われました。」と明かして笑いを誘うも、これにさらに山本編集長が「そんな雰囲気はなさそうですが」と突っ込むと、米倉は「ひどい編集長ですね、びっくりしちゃいました」とふくれていた。

また、「恋愛と結婚どちらが大事?」と質問された米倉は「結婚です!」と本音を漏らしつつも「嘘です、恋愛です」と笑顔。「別に私は結婚したくないわけじゃないですよ。結婚願望もあるし。ただ、結婚するには恋愛していかなきゃ始まらないなと思っているので」と自らの考えを明かした。(撮影:柴田悟)

関連タグ: