7日、東京・赤坂サカスで『コマンドリー・ド・ボルドー』の就任式が行われ、競泳選手の寺川綾(27)が出席した。コマンドリー・ド・ボルドーとはフランス・ボルドーのワイン親善大使で、フランスワインに造詣が深いのはもちろん、社会的地位や活動も選考の基準となっている。

今年7月から8月まで開催されたロンドンオリンピックで、女子100メートル背泳ぎと4×100メートルメドレーリレーにおいて銅メダルを獲得した寺川。寺川はフランスワインを初めワインの愛好家という一面も持っている。

ボルドーワイン委員会から、コマンドリー・ド・ボルドーの証としてメダルと賞状、マントが送られると、「メルシーボクゥ」と笑顔で答えた。

また、「ワインが大好きなのでとても光栄です。国内外の競泳仲間にももっとフランスワインを勧めたい」と話した。

就任式後の内覧会では集まった関係者とともに「アボットサンテ!」とフランス式の乾杯でワインを楽しんだ。

(撮影:柴田悟)

関連タグ: