11月13日、都内で、『第6回アンチエイジング大賞2012』の授賞式が行われ、男性部門に俳優の高倉健(81)、女性部門に女優の大地真央(56)、アンファー特別賞にレスリングの吉田沙保里選手(30)がそれぞれ輝いた。

今月7日に国民栄誉賞を受賞した吉田だが、「国民栄誉賞に続き光栄な賞をいただきました。将来はアンチエイジング大賞をいただきたいです」と話した。

また、吉田が大地に美の秘訣について質問。「朝はフルーツをたくさん食べます。野菜もなるべくオーガニックのものを。ストレッチも欠かさずしますね」と話す大地に吉田は「私はストレッチがけっこうおろそかになっているので、ぜひ教えてください」と“美”の弟子入りを志願した。

大地からも吉田へ強さの秘訣について質問すると、「3歳からレスリングを続けていますが、あきらめないで最後までやりきることですね」と笑顔で答えた。

今年9月の世界選手権で前人未到となる、世界大会13連覇を果たした吉田だが今後の目標は、「できるところまで走り抜けたい。リオで五輪4連覇ができるように、まずは来年の世界選手権できっちり勝ちたい」と語った。

そんな吉田も恋愛面ではなかなかうまくいかないようで、「レスリングだけじゃなく、恋愛も頑張りたい。そのへんも大地さんにアドバイスをいただきたい」と話し、会場を笑わせた。

※なお、高倉はスケジュールの都合により欠席した。

(撮影/桑原靖)

関連タグ: