11月17日、都内で映画『ワーキングホリデー』の初日舞台挨拶が行われ、主演を務めたEXILE・AKIRA(31)、俳優の綾野剛(30)らが出席した。

同作では、元ヤンキーでホストの沖田大和(AKIRA)の前に、“大和の息子”と名乗る少年が現れる。初めは遠慮をしあう関係であったが、徐々に心が通じあっていくという、父と子の『絆』をえがいた作品になっている。

AKIRAと同じくホスト役で共演をした綾野はプライベートでもAKIRAと親交があるそうで、「やっぱりAKIRAくんかっこいいね!びっくりしたよ」とデレデレ。すると、AKIRAも「熱い友情に見せかけて、裏ではそれ以上。ラブラブですよ」と話し、会場を笑わせた。

そのやりとりを見ていた、ガレッジセール・ゴリ(40)は「僕は今回ゲイの役なんですけど、もしかして2人もそうなんですか?」と真剣な眼差しで質問し、会場は再び笑いに包まれた。

同作についてAKIRAは「笑って泣けて、心がほっこり温まってくれたらいいですね」とアピールした。

※映画『ワーキングホリデー』全国ロードショー中

(撮影:鈴木鍵一)

関連タグ: