11月28日、都内で『第41回ベストドレッサー賞』の授賞式が行われ、受賞した女優の剛力彩芽(20)、モデルで歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ(19)らが出席した。同賞は、今年活躍した著名人でなおかつ上手に服を着こなしている人に贈られるもの。

剛力は「幼いころからベストドレッサー賞というものを知っていました。とても光栄です。たくさんの人に支えていただいているからこそ、受賞できたと思います」と笑顔で話した。

また、先日転倒し鼻の下を3針縫う怪我をしたきゃりーは、口ひげをつけて登場。「いつもは絆創膏ですが、今日はちょっとTPOを考えてひげにしました。性別不明ですよね」と話し、会場を笑わせた。

※受賞者は以下の通り
【政治・経済部門】
高岡浩三(ネスレ日本株式会社 代表取締役社長兼CEO)
【学術・文化部門】
市川猿之助(歌舞伎俳優)
【芸能部門】
剛力彩芽(女優)
藤木直人(俳優)
【スポーツ部門】
佐々木則夫(なでしこジャパン監督)
【インターナショナル部門】
きゃりーぱみゅぱみゅ(モデル・歌手)
【MFU推薦枠】
川端友紀(女子プロ野球選手)
【特別賞】
曻地三郎(106歳児)

(撮影/鈴木鍵一)

関連タグ: