1月7日、都内で映画『ドラゴンゲート空飛ぶ剣と幻の秘宝』公開記念イベントが行われ、具志堅用高(57)、鉄拳(40)、トータルテンボスの藤田憲右(37)が登場。ド派手なアクションシーンや3Dが売りの同作にちなんで、3人はワイヤーアクションを披露した。

感想を聞かれた具志堅は「楽しかったです。仕事初めから空を飛べるとは思わなかったので」と振り返った。

最近では〝泣けるパラパラ漫画〟の作者としても知られる鉄拳は、年末年始の過ごし方について聞かれると、「ずっと家に引きこもってパラパラ漫画を描いていました。大きな仕事がきていて、大物のプロデューサーさんや脚本家さんとも仕事をするんですよ。海外からも話はきているんです。でもやるかどうかはマネージャー次第なんで。あっ、もうこれ以上は言えません」と語った。
すると藤田が「お前、もう芸人じゃなくて漫画家だな」と鋭く突っ込み、会場の笑いを誘っていた。

※映画『ドラゴンゲート空飛ぶ剣と幻の秘宝』は1月11日(金)より全国ロードショー

(撮影/夛留見 彩)