「夜なんて想像を絶する速さで動きますよ」と、自分と結婚するならこんなメリットがあると自信満々にアピールしたのは大久保佳代子(41)。

2月13日、映画『バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!』の試写会イベントに、現在婚活真っ最中のオアシズ・大久保とドランクドラゴン・塚地武雅(41)が登場。バレンタインデーを翌日に控え、二人が異性に対する結婚アピールをシュミレーションし、「どちらが売れ残るか」を観客に判定してもらうという企画が行われた。

「黙っていろと言われれば黙っていられるし、存在を消せと言われれば消していられる。夜の対応なんて言われた通りに動くし、想像を絶する速さで対応しますよ」とアピールした大久保だが、観客からは「ない」の判定が。「言われるがままっていうのがダメなんじゃないですか?その(夜の)速さを見たら逆にひくんちゃいます?」と塚地にもダメだしをくらう。一方の塚地は「僕なら相手がどんな話をしていても楽しめる雰囲気を作れると思う」とアピール。観客からは拍手が起こる良好な反応だったが、大久保には「でも所詮つかっちゃんがやってると思うとね」と外見でNGを出された。

今年のバレンタインデーは「何も期待していない」と口を揃える2人。塚地の昨年の記録はチョコ1個半だという。「半」というのは相方と半分ずつということらしい。一方、大久保は「私、普段手を洗わない女なんで、そんな手で作られたチョコなんて誰も欲しくないでしょ。お陰で風邪はひかない体質になりましたけど。大久保は“手を洗わない女”っていうのでヤフーにでも載せてください」と自虐ネタで笑いを誘った。

(撮影/高田崇平)

関連タグ: