3月19日、都内で海外ドラマ『リベンジ シーズン2』のアフレコ会見が行われ、AKB48の河西智美(21)が出席した。河西はこの作品が吹き替え初挑戦となる。

感想を聞かれ、「私が演じたのはシリアスなシーンだったので、ドキドキしました。自分の声がほかの声優さんと比べて浮いていないか、馴染んでいるかどうかというところに注意しました。自分自身としては100点満点です」と胸を張った。

収録の際にはAKB48の大島優子(24)が声優を務めた『メリダとおそろしの森』が参考になったそうで、「優子の声なんですけど、作品が進んでいくうちに、優子だっていうことを忘れてしまうくらい上手でした。何度も見て勉強しましたね」と話した。

登場人物の少女時代を演じているということで、河西の少女時代について聞かれると、「私はすごく活発な子でした。髪もすごく短くて。幼なじみの男の子の髪型に憧れていたんですよ」と意外な過去を明かした。

AKB48の卒業が決まっている河西。今後の目標については、「卒業してソロになったら、ミュージカルに挑戦したいし、英語を勉強して洋楽を歌ったりしたいです」と笑顔で話した。

(撮影/夛留見彩)

関連タグ: