4月3日、都内で『ミス・ティーン・ジャパン2014』の開催決定会見が行われ、ゲストとして押切もえ(33)が昨年のミス・ティーン・ジャパンであるトラウデン直美(13)、ミス・ユニバース・ジャパンの松尾幸実(25)と共に登場した。

押切は「どの子がグランプリをとってもおかしくない。特技披露の場面では照れることなく思いっきりやることが大事」とアドバイスを送った。

現在も人気モデルとして第一線で活躍する押切だが、意外な過去があったそうで、「実は私コンテストって出たことないんですよ。オーディションにも落ちまくってて。だからみなさんには失敗を恐れず自分らしさをだしてほしいですね」と笑顔で話した。

また、トラウデンは押切に恐縮しっぱなしで「一昨年だったら考えられないこと。今、こうやって同じステージに立つのも申し訳ない気持ちです」と控えめにコメント。すると押切は「笑顔の可愛らしさが印象的。大人っぽい顔立ちで、すごい子が来たなって思いました」とトラウデンを絶賛した。

(撮影/河崎文雄)

関連タグ: