昨年、韓国でデビューするや、その名をアジア全域にとどろかせたB.A.Pがついに日本へやってきた!

 ヒップホップをベースとした重厚なサウンドとダイナミックなダンス、7オクターブの美声……と、彼らの抜群の歌唱力とパフォーマンスは、先に日本進出した人気グループをも凌駕。

「Best(最高の)Absolute(絶対的な)Perfect(完璧な)価値を追求する」という意味を持つにふさわしい完璧な姿で、日本の音楽界に進出を果たした。日本デビューシングルは、彼らのデビュー曲で代表曲でもある『WARRIOR』の日本語バージョン。オリコンデイリーチャートで5位を記録している。

「この曲は、B.A.Pのカラーが強く表れた作品です。曲を聴いてもらったら、僕たちが音楽で追求していきたい方向性を知ってもらえると思います」と語るのは、「無口で男らしく、人間味がある」とメンバーの信頼も厚い、リーダーのバン・ヨングク(23)。

 高音の迫力ある美声でファンを魅了するメインボーカルのデヒョン(20)は「ミュージックビデオも1年半ぶりに撮り直しました。よりいっそう成熟した姿を見せられると思います」と言う。

 11月13日には早くもセカンドシングル『ONE SHOT』をリリース。19日からは兵庫を皮切りに3都市6公演のアリーナツアーも決定した。K-POPは、B.A.Pの登場で、新しいブームを巻き起こすか!

関連タグ: