劇団四季のミュージカル『リトルマーメイド』が上演から1周年を迎えることを記念して、4月6日に特別カーテンコールを行った。

劇団四季がこれまで手がけたディズニー作品『美女と野獣』、『アイーダ』、『ライオンキング』の観客動員数はのべ1400万人。どれも大ヒットを記録している。今回の『リトルマーメイド』は4月6日までに336回公演を行い、チケットはすべて完売。約38万人を動員しており、絶大な人気を誇っている。

同作は、人魚姫のアリエルが人間のエリック王子に恋をするという世界的に有名な物語。特別カーテンコールではエリック役の竹内一樹が「『リトルマーメイド』を愛し、育んでくださったすべての皆様へ出演者・スタッフ一同、心より感謝申し上げます。これからも皆様に作品の感動をお届けできるよう、1回1回の舞台を精一杯つとめてまいります」と熱い思いを観客に伝えた。

キャスト全員による合唱など華やかな特別カーテンコールは約10分続いた。

▼ミュージカル『リトルマーメイド』延長公演決定
日程:2014年9月2日~2014年12月31日(4月26日より一般発売)
場所:積水ハウスミュージカルシアター 四季劇場 [夏](東京・大井町)
※8月31日分まで現在チケット発売中

(撮影/高田太郎)

関連タグ: