4月16日、仏映画『ヴィオレッタ』のトークイベントが都内で行われ、主演のアナマリア・ヴァルトロメイ(15)、エヴァ・イオネスコ監督、タレントのはるかぜちゃんこと春名風花(13)が登壇。日仏の美少女子役が直接対峙した。

 この日、アナマリアは本人の肌の色と同じようなスモーキーピンクのワンピースで登場。フランス人形のような容姿のいっぽうで、腕組みしながら話している姿は15歳と思えないほど大人びており、「こんにちは」と日本語での挨拶も披露した。

 対して、独特のアニメ声で「おめでとうございます」とエヴァ監督とアナマリアへ花束を贈呈したはるかぜちゃん。好きな漫画に登場する着物に似ていてお気に入りという赤い着物に身を包み、こちらは日本の美少女といった様子。

 そんな二人の日仏美少女対決だが、はるかぜちゃんに言わせるとアナマリアの勝利のようで、「美しすぎて、まぶしすぎて、隣に並んでいいのかなと思いました」とアナマリアに会った感想を興奮気味に語っていた。

仏映画『ヴィオレッタ』は5月10日よりシアター・イメージフォーラムほか公開。2011年カンヌ映画祭・批評家週間50周年記念作品として上映され、物議を醸した話題作。1977年、実の母親が自分の娘のヌードを撮って写真集を出版し世界中で話題を呼んだ一件を、その被写体であった娘のエヴァ自身が監督をつとめ映画化。パリの超有名スタイリストであるキャサリン・ババによる70年代ファッションも見どころ。

(撮影/夛留見彩)

関連タグ: