本誌の人気対談「中山秀征の語り合いたい人」。第16回のゲストはバラエティ番組の名バイプレーヤー・関根勤(60)。彼が語る「タモリ論」とは?

関根「タモリさんとは実はデビューがほとんど同じで、最初のころ会ってるんだよね。タモリさんが30歳で、僕が23歳。僕は当時からタモリさんが好きだったから、平和島で収録が一緒になったときにも『一緒に帰りましょう』って誘って、京浜急行に乗って一緒に帰ったりもしてた。何回か一緒の番組に出て、タモリさんに教えてもらったことは、芸ではなく、インベーダーゲームのクリア法だったんだけどね(笑)」

中山「タモリさんはずっと変わりませんよね」

関根「僕がタモリさんを好きなのは、気負わないから。常に自然体なのは、すごく勉強になった。あと、小堺くんもさんまさんも、大抵の人は僕が変なことを言い出すと、ちょうどいいところで『それは違うよ』と止めてくれる。でも、タモリさんは自分がボケだから、止めずに乗ってくるの。もう15年くらい前だけど、『いいとも』の後説で、僕とタモリさんが15分くらいしゃべってたら、客席がドン引き」

中山「どんな話を?」

関根「僕が、『タモリさん、浅田美代子さんは16歳でデビューして早いって騒がれたのに、SPEEDは12歳でデビューですよ。この後、もっと低年齢化が進んで、“幼稚園児隊”とか出てくるんじゃないですか?』と言ったら、タモリさんは、『そうだな、“赤ちゃん隊”もあるぞ。“精子隊”や“卵子隊”だってある。顕微鏡で映像を見せるんだ』って盛り上がっちゃって。僕も『ファーストアルバムは“遙かなる受精”で、セカンドアルバムは“細胞分裂”ですね』って」

中山「生で見たかったですね(笑)」

関根「ほかの出演者は全員後輩だから、2~3歩下がっていて、誰も止めてくれなかった。お客さんにも後輩にも悪かったけど、僕はタモリさんといると楽しくてね。乗ってくるというか、乗せてくれるんだよね。ふざけ始めると止まらないのよ。『ジャングルTV~タモリの法則~』(TBS系)のときのタモリさんはすごかったね。1時間くらいずっとおかしいことやってるの。ナインティナインが『タモリさん、この回は全然使えませんよ。お客さんも笑ってないし』といさめると、『いいんだよ。自分が楽しけりゃいいんだ』って」

中山「タモリさんのあまり知られていないところですね」

関根「そうでしょ? 収録のタモリさんはすごいんだよ(笑)。乗ったら延々とやる。止められない。でも、僕はそういうところが好きなの」

関連タグ: