「ひとりだけ珍しい感じのやつがキレイでかわいい人たちにいるから目立っているように見えるだけで……『春菜会』という言葉が独り歩きしているだけなんです。『春菜会』はありません!」

 そう話すのは、ハリセンボンの近藤春菜(31)。最近週刊誌やネットで、春菜が中心となり女優や歌手が集まる女子会「春菜会」が存在すると話題になった。そこで、春菜本人に直撃。話題の美女たちと仲よくなった経緯を聞いた。

【Perfume あ〜ちゃん】
「仲よくなるのが本当に早かったんです。話が合うというか、考え方も似ていたり、一緒にいて本当に楽しくて。多いときは、週3回とか、時間が合えば一緒にご飯を食べてました。6つ年下なんですが、精神年齢が高いので年齢差を感じさせないというか。私のほうが相談することが多くて、いつも話を聞いてもらっています」(春菜・以下同)

【吉高由里子さん】
「まさかドラマで共演するとは思っていなくて、すごく緊張しました。いままでは、ふざけて笑っているようなところしか見たことなかったので(笑)。でも、現場ではやはりプロ。かっこよかったし、共演者の人たちとなじめるように居場所を作ってくれたり、私のクランクアップのときには涙を流してくれて、本当にうれしかったです」

【KARA】
「あ〜ちゃんがもともとお友達で、お正月に一緒に韓国に行くときに『会いに行こう!』ってなりまして(笑)。そのときは、ギュリちゃんたちが韓国を案内してくれました。日本に来たときには、ちょうど誕生日だったのでみんなでお祝いをしたり、食事に行ったり、買い物したりと、仲よくしていただいてます」

 交友関係は、あ〜ちゃんを介して友達の輪が広がることが多いのだそう。

「いまは女同士でばっかり会ってますが、いずれは『春菜が男性にチヤホヤされている』という噂が出るようになりたいです!」