1960年代に活躍した “カワイイ”の先駆者・内藤ルネ氏の個展が7月30日〜8月6日まで渋谷区・Bunkamura Galleryにて開催される。

 1960年〜1970年代、内藤ルネ氏はそれまでの少女画とはまったく異なる美少女たちを描いた。その活気に溢れた明るい表情と、現代でも充分に通じる多彩なヘアスタイルやファッションの数々は、当時の少女達に大きな衝撃を与えた。

 また、それまで誰もが見過ごしていた“カワイイ”をあらゆるものの中に吹き込み、今や「かわいい」は「Kawaii」となり、時代も性別も国境も超えて、乙女心を魅了する内藤ルネの世界。現在LINEスタンプ・パンダ&ガールも好評とあり、この夏話題必須の展示会。

 さらに同展では、内藤ルネの初期から晩年までの原画に加えて、判画・当時の雑誌・付録などを展示する他、多数のグッズも販売される予定である。

ルーツofカワイイ『内藤ルナ展』-時代と少女たち-
7月30日〜8月6日まで
Bunkamura Grallery 1Fメインロビーフロア
入場無料

関連タグ: