1月28日、女優の杏(28)がスペシャルサポーターを務めることになった「徳川家康没後400年記念 大関ヶ原展」の記者発表会に登場した。

「共感できる戦国時代の女性」について聞かれた杏は、石田三成の家臣だった山田去暦(きょれき)の娘・おあむ(おあん)の名前を挙げ、「彼女は戦場などに足を運んで生死を身近で感じ、積極的に表舞台で活躍したとても活発な人。過酷な状況のなかで家族を守って生き抜いた姿は、今の目指すべき女性像に通じる」と語った。

私生活では今年1月に東出昌大(26)との結婚を発表したばかりの杏。家族を守るおあむの姿に、杏も目指すべき妻のイメージを重ねたのかも。

「大関ヶ原展」は墨田区・江戸東京博物館で3月28日から5月17日まで開催される特別展。徳川家康の具足や石田三成の愛刀など武将たちの武具や古文書、屏風などを展示し、関ヶ原の戦いの全貌を明らかにする。

関連タグ: