「世の中には、動きや角度によって、全裸に見えるポーズがあるんだ」と、相撲の取組姿や、野球のバッティングなどで全裸ポーズを見せたあと、「大丈夫、はいてますから」とジャック・バウアー並みの低音で海パンを見せてドヤ顔を−−―。

 そんな芸で、今、注目を浴びている、とにかく明るい安村(32)。アームストロングというコンビで活動していたが、昨年解散し、ピン芸人へ。大好きなまゆゆ(AKB48 渡辺麻友)が1st写真集で体育座りをして全裸ポーズをしているのを見て「これ、いけるんじゃないか!」と現在のネタを発案した。

「最初はエロすぎて笑ってもらえなかったんですが、明るくやったらウケ始めました」(とにかく明るい安村・以下同)

 そこからは、自衛隊、消防士……とさまざまなポーズを生み出し、年末年始の特番に多数登場してブレーク寸前!

「夢は大好きなまゆゆとの全裸ポーズ共演。そして全裸ポーズ写真集を作ること。野球場やサッカー場など、本当の場所で全部撮って、豪華版にしたいんです。金かかりますかね……」

 真面目に語るところがまた笑える。

「この水着、女性モノのビキニを前後逆に着てるんです。ちょうど収まるんですよね。値段は千円。1枚しか持っていないんです。シーズンじゃないと水着を売ってないので、非常に危険です。洗濯機で洗うと消耗が激しいので、手洗いです。もうボロボロになってきてるので、いつか脇が切れて、本当に全裸に……」

 ところで、一体いつ服着るんですか?

「娘がまだ1歳なんですが、幼稚園に行くまでには服着たいですよね。『お父さん、裸じゃねえか』ってイジメられちゃうとかわいそうなんで……」