「結婚、今年か来年しようと思ってる」という一言に、共演者は驚きを隠さなかった。2月11日放送の情報バラエティ番組『ヒルナンデス』(日本テレビ)で、スギちゃん(41)が突然の結婚宣言を暴露したのだ。スギちゃんによると、知り合ったのは7カ月前。芸能人ではなく、一般人だという。いったいどんな女性なのか?2人の知人はこう明かす。

「彼女は20代後半で、北海道出身の一般人女性です。身長は155センチくらいの小柄で、セミロングが似合う北国美人です。スギちゃんは私にも『近々結婚する!』と語り、盛り上がっていました。知り合ったきっかけは、知人の紹介。彼女の実家にも足を運び、挨拶を済ませています。現在は、都内の3LDKのマンションで同棲を始めているそうです」

 これまでスギちゃんは、数々の“ドケチ”ぶりで話題を呼んできた。『週刊文春』(14年2月6日号)では、長年住み続けてきた家賃4万2千円のワンルームアパートから引っ越したことを明かしている。《1DK、家賃十万円のマンションに住んでいます。(中略)独り身の僕にはこれで十分》と語るスギちゃん。数千万円以上の貯金を持っているといわれていることを考えれば、かなりの倹約生活だと言えるだろう。

しかし今回選んだ地区の家賃相場は、3LDKで約20万円!“ドケチ封印”の変心ぶりは、明らかに彼女の存在が影響しているようだ。そんな彼女との結婚を、スギちゃんの両親はどう受け止めているのか。岐阜県の実家を訪ねると、実父の健さんはこう答えた。

「へぇー、そんなこと言っていたの。でも、私は結婚の話は聞いたことがないです。まあ、あの子もええ年やからね。私はかねてから『早よ、結婚せえ』と言ってきましたから、本人も『なんとかせなあかん』と自覚していたんじゃないでしょうか」

なんと先方の両親には挨拶済みにもかかわらず、実の両親には報告していないという。そんな仰天発言の後、母親の百合子さんが犬の散歩から帰って来た。彼女は今回の放送を見ていたといい「本当なら、そりゃあ嬉しい。でも、あの子のお兄ちゃんはとっくに結婚して子どもがいるん。だからあの子も早く孫を見せてくれたいいのに」と語った。

「彼女はいたって普通の真面目な女性。“倹約家”の彼に文句ひとつ言わず、黙ってついていく“芸人妻の鑑”のようなタイプです。だから、ご両親もきっと気に入ってくれると思いますよ」(前出・知人)

 実家の両親を安心させるためにも、スギちゃん、早く紹介してあげて!