「この間、『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)のロケ現場の打ち合わせで、二段重ねののり弁が出たんですが……。ゲストとして打ち合わせに来ていた森山さんが、のり弁にお酢をドバドバかけて食べていてビックリ!大変だったのは、その後です。もちろん、森山さんには言えませんでしたが、部屋の中がものすごいお酢の臭いで……。森山さんが帰られたあとにスタッフみんな、『ヤバイ!超臭かった!』って騒いで(笑)。すぐ換気しましたよ」(番組関係者)

 現在、コンサートツアー2015『西へ』の真っ最中の森山直太朗(39)。近年、森山がドハマリしているのが“お酢”だと、テレビ局関係者が打ち明ける。

「とにかく、500ミリリットルのペットボトルにお酢を入れて、どこへでも持ち歩く。じつは、彼はもともと大の偏食家。でも、お酢をかけると、何でも食べられるようになると言うんですよ」

 森山がお酢に目覚めたきっかけは、意外なところにあった。中学生のころに、テレビで見た八代亜紀(64)だ。

「彼女が“お酢をかけて食べるとカロリーも脂肪も分解されて身体にいい”と話していたそうです。あの八代亜紀さんが言ってるんだから、間違いないと(笑)。実行してみたら、『本当だ、おいしい!』となったそうで、それ以来、お酢にハマっています」(前出・テレビ局関係者)

“異臭騒動”再発にはくれぐれもお気を付けて!?

関連タグ: