9月26日に最終回を迎えるNHK連続テレビ小説『まれ』。土屋太鳳演じるヒロイン・希の“世界一のパティシエ”になるという挑戦はどんな結末を迎えるのか−−。気になるラストが何倍も感動的になる舞台裏エピソードを、人気キャストがこっそりと教えてくれました!

【清水富美加】
 希とはケンカをしながらも、酸いも甘いもすべてを分かち合った親友・蔵本一子を熱演。彼女が、印象的だったあのシーンの裏側を明かす。

●思い出1『希との和解シーンは”肩の荷が下りた瞬間”』
「希ちゃんとの和解は、一子としても、私自身としても、肩の荷が下りたシーンです。『光を浴びたら死んじゃう生き物もいる』という一子のセリフにも共感しました。輪島大祭の再現シーンでは、同級生役のみんなとキリコ(切子灯籠)をかついだシーンは思い出のひとつ。とても楽しかったし、エキストラの地元の人たちとも触れ合えました」

●思い出2『強気なツンデレ、一子を見守ってあげてください』
「一子の、素直になれなくて、相手を思っているときのツンデレなところが好きです。かわいいなぁって。一子と洋一郎はこれからどうなるのか……、注目してくださいね。ラストに向けて、希という女のコの人生、夢へ向かう姿を最後まで見届けてください!ドラマは終わらないでほしいけど……」