image

毎週金曜の深夜、テレビ東京系列で個性的なドラマの数々が放送されている。それが「ドラマ24」だ。単なるドラマの枠を超えた存在の番組として、人気を集めている。この10月から「ドラマ24」10周年を記念すべき作品としてスタートしたのは『孤独のグルメ』Season5。

 

輸入雑貨商の井之頭五郎(松重豊)が、仕事の合間におなかをすかせ、さまざまな店と味に出合う。Season4までが作られ、登場した店を探し出して訪れる“巡礼”ファンも多い人気シリーズの第5弾だ。「ドラマ24」枠での放送は、今回が初めて。ドラマのスタートから番組に携わる、吉見健士プロデューサーに、番組ならではの苦労を聞いた。

 

「何より大変なのは、お店探しですね。Season5で登場する予定のお店は、12軒。その12軒のため、僕らスタッフは、200軒は回ります。1日3回、焼き肉の日も(笑)。まず自分で『いいな』と思った店に単独で入って、食べてみる。その結果を持ち帰って会議にかけ、次は何人かで実食。ここまでは“覆面調査”です。その結果『ここはいい』となったら、テレビに出ていただけるか、交渉に入ります」

 

番組に出れば、お客は増える。ならばお店には歓迎されそうだが、断わられることもしばしば。番組で見つけるのは、家族経営でほかにはない味を出すような店が中心。そのため、家族の意見が一致しなかったり、常連客に気を使ったりするケースが多いのだ。

 

「逆に『うちを出してください』というお話もあるんですが、このドラマは、すべて僕らが見つけたお店に、頭を下げて出ていただくのが基本と思っています。だからOKをもらえたら、最初にお店を見つけたスタッフの手柄なんです。かといって、どんな店が『孤独』に向いたお店かと言われても、困るんですけどね(笑)。五郎は腹が減るから店を探すわけで、食通ではないし、こだわりもない。だから、かえって難しいんです」

 

今回のSeason5は「ドラマ24」の枠に入ったため、前シリーズよりも放送時間が数分間、短いものになっている。

 

「しかしドラマとしては、まったく変わりません。松重さんも、メニューを完食してくれます。ただ、これまで人気があったため、ドラマの中盤で登場させていた“キラーコンテンツ”の焼き肉を、1話目に持ってきました。これはハードルを上げて、もっとがんばろうという僕らの気持ちです。今日もドラマの撮影をやっていますが、終わったら店探しに歩きますよ(笑)」

関連タグ: