image

都内の高級住宅地にあるスーパーマーケット。10月中旬の午後6時過ぎ、晩ごはんの買い出しに仲良く訪れていたのは、今月7日に入籍したばかりの鈴木浩介(40)・大塚千弘(29)夫妻。

自宅近所のスーパーとあって、2人ともラフな部屋着のまま、車に乗って来た様子だ。

 

鈴木はカートを押す大塚にぴったり寄り添って談笑しながら、一緒にあれこれと食材を選んでいく。新婚生活が楽しくてたまらないといった“至福の笑顔”いっぱいの鈴木。2人はマイタケ、ネギ、肉などを次々とカートに入れていく。大塚がセリを手に取ると、鈴木が「いーねー! おいしそうだね~!」と大はしゃぎ。大塚も「250円だよ!」と甘えるように返し、2人でいちゃいちゃ♪

 

もう野菜売り場はすっかり“2人だけの世界”に。目撃していた記者も思わず赤面!すると、鈴木がひとりで冷凍ちゃんぽんをじーっと見た。だが結局買わずじまい。新妻を横に、冷凍食品に世話になった独身時代を思い出していたのだろうか。

 

結局、カゴは1つでは足りず、カゴ2つがいっぱいに。最後に缶ビール6本パックをカートに入れて、2人はレジに向かった。今夜は、大塚の手料理を肴に、2人で晩酌を楽しむのかもしれない。

 

大塚がレジで支払いを済ませる。どうやら財布のひもは大塚が握っているようだ。2人は、すれ違う買い物客も気にせず、愛の巣へと帰って行った。

 

8日に入籍を発表した2人はもともと知り合いだったが、今夏放送の『刑事7人』(テレビ朝日系)で共演し急接近。交際3カ月足らずの“電撃婚”となった。

 

あれから10カ月、別人のようにウキウキと新妻と買い物する鈴木が見られようとは! いまの鈴木の姿には、蒼井も仰天必至だろう。

 

22日スタートの『遺産争族』(テレビ朝日系)に出演中で、舞台も控えている鈴木。愛妻のサポートを得た新生活で、ますます演技の幅も広がっていきそうだ――。

関連タグ: