image

 

フリーアナウンサーの加藤綾子(31)が6日放送のフジテレビ系「ボクらの時代」に、フリーアナウンサーの先輩、古舘伊知郎(61)と宮根誠司(53)とともに出演し、フリーになった理由を語った。

 

「(フジテレビを)辞めるちょうど1年前に、『めざましテレビ』(フジテレビ系)の生放送中に意識がなくなって倒れたんですよ。それで、病院に運ばれているあいだに、『ああ、私、このまま死ぬかも』って思って。それまでも、体調的にきびしく感じるときもあったんですけど、『まだ、いけるかな』っていうので、自分の意識を持ち直してというか、お尻をたたいて『まだいける、まだいける』ってやっていたんですけど。その無意識に倒れてしまったというのをきっかけに、ちょっと、体のことを優先して考えようと思って」

 

フリーであれば、仕事をセーブしたいときにはセーブすることができ、仕事をがんばりたいときにはがんばれる。自由に仕事の量を調節できることが、フリーになった理由だと話した。

 

それを受けて、古舘が「総合すると、いろんな考えがあるけど『めざましテレビ』を辞めたかったんだね。退社して、フリーになれば、すべての大義にくるまれるじゃないですか。ただ、たんに『辞めて、楽させて』っていうのは、けっこうひんしゅく買うじゃないですか。あんなに素晴らしいひのき舞台を与えられてるのに。だから、へんな意味じゃなくて、『めざましテレビ』をやめたいという思いが強く出たんじゃないですか?」と、問いただすと加藤はこう答えた。

 

「それぐらいの思いじゃないと、『めざましテレビ』は辞められないと思いました」

 

続く、宮根の「『めざましテレビ』を辞めるために、辞めたんだ?フジテレビを。『めざましテレビ』が嫌いになったの?」の質問には、「大好きです、大好きです」とコメント。『めざましテレビ』が重荷だったことを否定した。