image

 

ダウンタウンの松本人志(53)が18日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・午前10時~)に出演し、お笑いコンビ・ノンスタイルの井上裕介(36)の当て逃げについてコメントした。

 

井上は11日の午後11時半すぎ、東京都世田谷区を車で運転していた際に走行中のタクシーと衝突しそのまま逃走。40代のタクシー運転手が首や腰に全治2週間のけがを負った。その後、井上は相手の運転手に対面して謝罪し、現在、警視庁が過失運転障害や道路交通法違反の疑いで調査中。井上は今後、司法の判断を待ち、刑事処分が決定するまで活動を自粛することとなった。

 

井上が事故当時、帰宅途中で「事故を起こしたことが世間に知られたら大変になると思った」と話していたことについて、同番組に出演していたタレントのヒロミ(51)は「なんで逃げたのかホント、わかんなくて。謝って、警察呼んで、処理すればそんなに大事にはならないわけじゃん。『大変なことになる』かもしれないって逃げたっていうんだったら、こいつ、そうとうダメだよね」とコメント。

 

松本も、「自分で勝手に大事故にして、自分で勝手に大ケガにしてるっていう。今、ちょっとしたことで芸能人がたたかれる恐怖症が、なんかそんな風に出てしまったんでしょうね」と話し、次のような持論を展開した。

 

「漫才コンビのボケとツッコミって、ツッコミの方がボケの方にプライベートで迷惑かける説ってありますよね。なんすか、これ。アンタッチャブル、キングオブコメディ、今回のノンスタイルもそうですよ。代表的なのがダウンタウンね。ボケの方は、ちゃんとネタも考えて、ストイックなのよ。ツッコミのほうはやっぱ、ええ加減なのよ。すぐ、仕事休むしさ、女、酒、バクチ、すぐ行くっしょ。そのくせ、先輩には可愛がられるんですよ。われわれ、一生懸命ネタ考えるやつは、(先輩から)『なんか、あいつ付き合いづらい』みたいなさ(笑)」

 

それを受けて、同番組に出演していた歌手の武田鉄矢(67)が、「哲学的ですよね。つまり、社会に対して間違ったことを言うっていうことを仕事にしてる人って、間違えられないのよ。で、正しいことを言う人って、大きく間違えることがあるんだよね」と述べると、松本は「ホント、そうなんです!」と大きくうなずいた。