image

 

12月29日、第67回紅白歌合戦のリハーサルにE-girlsが登場。全員お揃いの黒いジャージを着こなし、セクシーなダンスとともに「DANCE WITH ME NOW!」を披露した。

 

しかし、主要メンバーの藤井萩花(22)がいない!?記者やカメラマンが『あれ、萩花はどこだ!?』と右往左往するなど、現場がざわつく事態となった。

 

音合わせが終了し、衣装チェンジして報道陣たちの前に現れたE-girls。19人のメンバーはモノトーンのドレスに着替え、颯爽と壇上へ。そのなかに、ひときわ目立つ黒髪ショートカットの美人の姿が。よく見ると、それが萩花だった。

 

萩花といえば海外セレブ風の無造作なセミロングの茶髪がチャームポイントだったが、紅白を前にバッサリ髪を切っていたのだ。

 

あまりの変貌に、報道陣からは驚きの声が。囲み取材では「萩花さんはいつ髪を切られたんですか?」という質問が飛ぶと、萩花は「10月に切ったばかりなんです」と笑顔で答えた。またリーダーのAya も「私も驚きました(笑)」と報道陣の反応に頷いていた。

 

髪を切った10月には、妹の夏恋と結成した新ユニット『ShuuKaRen』としてもデビューを果たした。ボーカルに初挑戦した彼女は「パフォーマーから歌うことに初挑戦させてもらったことで表現の幅が広がり、楽しみが増えました。いろんな経験を積ませていただいた1年でした」と続けた。

 

“大胆イメチェン”で心機一転した萩花。紅白でも目が離せない!

関連タグ: