image

 

「芸能人は美味しいものをよく知っています。そのため差し入れは、芸能人の“食通のバロメーター”とも言われています」(テレビ局関係者)

 

熾烈な視聴率争いを繰り広げるテレビ業界。そんななか撮影現場を熱くさせているのが、出演者たちによる“豪華差し入れ”だ。

 

現場のテンションを上げるも下げるも差し入れ次第。そんな視聴率のカギを握っているともいえる差し入れの数々を本誌が総力取材。珠玉のランキングを一挙公開!

 

まず今回最高額となったのは、中居正広(44)だ。

 

「昨年末に『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)が終わった際、スタッフにNIKEのAIR MAXをプレゼントしたそうです。200人それぞれにサイズを聞いて回り、名前入りで届けた。1足約2万円で総額340万円という最後の“超高額差し入れ”に、スタッフも涙したといいます。2位の木村拓哉さん(44)も15年公開映画『HERO』の現場に特製鍋料理を差し入れています。驚くのはその材料。神戸牛など地域の高級特産品を集めたお手製のオリジナル鍋だったんです。材料費は総額で300万円にものぼったと言われています」(芸能関係者)

 

また3位の大泉洋(43)はキャラクター同様、“奇想天外な差し入れ”をしていたという。

 

「12年放送のドラマ『ラッキーセブン』(フジテレビ系)で大間のマグロを持ってきたそうです。1匹200万円で、現場は大盛り上がりだったみたいですよ」(前出・芸能関係者)

 

そのほか3ケタ超えとしては、4位の米倉涼子(41)が昨年放送のドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)で銀座千疋屋の高級メロンを差し入れていた。その値段、なんと総額150万円!

 

「5位の篠原涼子さん(43)は13年のドラマ『ラスト・シンデレラ』(フジテレビ系)で、有名中華料理店・筑紫樓の3,200円もする『ふかひれ姿煮込み弁当』を100個差し入れしたそうです」(前出・テレビ局関係者)

 

これほどの差し入れなら、現場もさぞかし大盛り上がりになったことだろう。

関連タグ: