image

 

「有村架純さんはすごく朗らかな方。來を実の弟みたいに可愛がってくれるので、あの子もすぐ打ち解けていました。來は有村さんのことを『かわいい、かわいい』と言っていてね。CMで有村さんを見かけると『お姉ちゃんだ!』と喜んでいます」

 

そう語るのは、高橋來くん(8)の母・真由美さんだ。NHK朝ドラ『ひよっこ』で有村架純(24)の弟・進役を熱演している來くん。その表情や仕草が「かわいい!」と話題になっているという。それもそのはず、彼は13年のドラマ『Woman』(日本テレビ系)で満島ひかり(31)の息子役に抜擢された“天才子役”なのだ。

 

15年にはドラマ『アイムホーム』(テレビ朝日系)で木村拓哉(44)の息子役も演じている來くん。そんな彼の素顔や育て方を、母の真由美さんが語ってくれた――。

 

エンジニアの父と真由美さんの間に生まれ、この春中学1年生になった兄(12)もいる來くん。赤ちゃんのときに真由美さんが所属事務所へ写真を送り、育児雑誌でデビュー。4歳のとき出演したのが、前出の『Woman』だった。

 

「母親役の満島さんとは本当の母子のように仲良くなっていました。食事をするときも『ひかりさんと食べる!』と言ってすぐ出て行ってしまうので、少し寂しかったのを覚えています(笑)」

 

6歳のときに出演した『アイムホーム』では、父親役の木村とのこんな印象深いエピソードがあった。

 

「その日は早朝から撮影が続いていて、來は眠かったのでしょう。でも空き時間に寝ればいいのに、遊んでいたんです。それで次の本番がはじまったら、ぐずり出して聞き分けのないことを言ってしまって……。すると木村さんに『それを今言ってはいけない。今日はもう帰っていいから』と叱られたんです」

 

それまで來くんの演技をベタ褒めしていた木村。だからこそあえて一人前の役者として接し、愛ある“ダメ出し”を行ったという。

 

「スタッフの方からは『そこまで言わなくてもいいのに』と慰められましたが、あれは來のことを信頼してくれていたからこそ言っていただいた言葉だと思います。それまで來はいつも『拓哉パパ、カッコいい!』と慕っていましたし、木村さんも可愛がってくださっていましたから。だから來もその言葉の意味がわかっていたのでしょう。すぐ反省して、翌朝は気持ちを入れ替えて元気に現場入りをしていました」

 

そうしてプロとしての現場での経験により、來くんは大人の世界でも周囲が一目置くほどの天才子役となったのだ。

関連タグ: