image

 

広瀬アリス(23)が2月2日放送の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に出演。清楚なルックスとはかけ離れた「女子力ゼロ」な素顔を見せた。

 

番組には友人である小島瑠璃子(24)も登場し、「アリスは気分屋」と指摘していた。広瀬と小島は食事にもよく行く仲だが、「アリスがご飯に来るかどうかは、当日にならないとわからない」と小島は発言。“気分次第”で広瀬が行動することを暴露した。

 

続けて広瀬は自ら、意外な一面をカミングアウトした。

 

「(外出する時は)メイク絶対しないですね、外に行く時にメイクをするという概念がないです」

 

さらに“臓器売買”の漫画が大好きで、学生時代にカエルの標本をずっと眺めていたことも告白。Twitterではファンからの≪女子力低すぎる≫≪皆無では……?≫≪意外すぎる≫といった、驚きの声が上がっている。

 

「女子力ゼロ」な広瀬は、料理もニガテのようだ。

 

「2015年のドラマ『釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助』(テレビ東京系)では料理上手なヒロインを演じていましたが、実態は真逆。クランクイン前は役作りもあり、魚料理を勉強したそうです。しかし途中で諦めたことを、同作の制作発表会見で明かしていますね。昨年5月に出演したバラエティ番組でも『家事は料理以外はやる』と断言していました」(芸能関係者)

 

しかし近ごろは掃除もご無沙汰と、3日のインタビューで明かしている。

 

「もし“神様”にお願いできるとしたら、部屋がキレイになりますようにとお願いしたいです。服が部屋中に散らかっていて……」

 

3日から公開されている主演映画「巫女っちゃけん。」では女子力のない、ガサツな巫女“しわす”を演じている広瀬。1月に福岡で行われた先行公開イベントに登壇した際、これまで演じた役の中で「一番普段の自分に近い」と語っている。

 

「脚の行儀の悪さは自分かなと思っちゃいました(笑)。そういうところは素が出たかなと思いますね」

 

ハマリ役もほどほどに?