image

 

3月2日、『第41回日本アカデミー賞』授賞式が開催された。最優秀主演女優賞には蒼井優(32)が選ばれ、受賞の際のスピーチが話題を呼んでいる。

 

優秀主演女優賞にノミネートされたのは他に新垣結衣(29)、土屋太鳳(23)、長澤まさみ(30)、吉高由里子(29)。激戦と呼ばれたなか、白石和彌監督の映画『彼女がその名を知らない鳥たち』で“男の稼ぎに頼り怠惰な日々を過ごす最低な女性を演じ切ったこと”が高く評価された。

 

名前を呼ばれた瞬間、驚いた表情を浮かべた蒼井。ステージに登壇すると「ありがとうございます。びっくりしています」と挨拶し、こう語った。

 

「この映画を撮っているときに、本当に映画の現場に入れてよかった、映画界に入れてよかったなって思ったんです。なのに、こんなに大きな賞をいただいてしまって恐縮しています」

 

今作への思いを語った蒼井は、さらにこう続ける。

 

「これから新学期が始まりますけど、学校がつらい方、新しい生活どうしようと思っている方はぜひ映画界に来てください。映画界ってよくないですか?私ほんとに好きなんです。みなさんと一緒に映画界を盛り上げていきたいです」。

 

会場では笑いが起こるも、Twitterでは《とても何かほっとした。そうだよね、別に無理することないよね、ありがとう》《“生き先”がわかんなくなっちゃった時の“居場所”としても大切だねぇ》《居場所をひとつ増やしてくれる感じがした》と感動の声が続出していた。

 

また《映画に救われることがあるし、誰も自分を見ていないのに独りじゃない気がするから。映画って凄いんだよ》《映画とは何かということを表現した素晴らしいコメント》と映画の良さを再実感した声も。

 

これから生活が変化していく季節。つらくなったとき、蒼井の言葉が支えになる人も多いことだろう――。