image

 

≪久しぶりに麒麟でラジオ収録。斬新すぎる注意事項≫

 

4月24日、こうツイートしたのは麒麟の川島明(39)だ。川島はとあるラジオ収録に臨んだものの、その台本には斬新な注意事項があったようだ。台本の画像も併せてアップしているが、その内容を確認すると――。

 

≪1.どちらが回しても構いません。2.エピソードトークは不要です。3.オチもとくに必要ありません≫

 

エピソードのない、さらにオチもないトークとは!これには千鳥のノブ(38)も即反応し≪逆に難しい!!≫と返答している。収録をすでに終えていた川島はノブに、注意事項の攻略法について教示した。

 

≪オチがつきそうになったらあわてて『っすねぇ』と急ブレーキかけてました≫

 

謎に包まれた注意点だが――。ネットでは「芸人泣かせでは?」といった声が上がっている。

 

≪川島さんにとっては、オチなく喋るのは逆に難しそうですけどね≫

≪芸人に対して落とすなとは≫

≪台本のクセ!!≫

 

また、それぞれ対策を講じている人も。

 

≪ギャクだけ流しっぱなしかな≫

≪物真似でも しとけば良いんじゃない?≫

≪これはダチョウさん的な芸人さんへのフリなのでは≫

 

いっぽう≪どういう気の使い方?≫と、スタッフが川島に配慮したものではとの見方も。また大喜利王として名を馳せる川島だけに≪斬新な謎かけなのでは……≫との声もあった。さて、その心は?

関連タグ: