image

 

「皆様の耳に頭に残らせたくてずっと待ってました 明日テレビ朝日さんにてお昼12:00~『徹子の部屋』になんと、私が出場します 決まったときから衣装選びに励み、運動会の前日のようにワクワクする気持ちを一カ月にわたりぶら下げていました」

 

こうInstagramに投稿したのは、滝沢カレン(25)だ。滝沢は5月3日に放送された「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に初出演。「神回」と評判を呼んでいる。

 

司会の黒柳徹子(84)に「日本語がおかわいらしい」と紹介された滝沢。黒柳にウクライナ人と日本人の母のハーフであると確認されると、「生まれてからずっと日本ですし、ウクライナに別にどうも思ってるわけじゃない」と早速の“滝沢節”。黒柳も「フフフ、どうも思ってないと……」と思わず笑顔を見せた。

 

生を受ける前に両親が離婚したために父親を知らないという滝沢は、父親代わりだったという祖父について「目を見れば500円くれるような男だった」とその優しさを回想。また「こんなところで言う話でもないんですけど」と前置きし、同番組を「小学生からおばあちゃんと見てたんです」と告白。祖母は3年前に亡くなったというが、「全てをやりきってあそこまで生きたっていう女はいないので、なかなか(死を)引き止めるわけにはいかないので。自然なので」と死を受け入れたと説明した。

 

しかし祖母の形見である指輪を黒柳が身につける場面で、滝沢は号泣。祖母が黒柳の大ファンだったために思わず感極まってしまったようだ。ただ「でもそんな風に、泣くほどおばあさまを好きな方がいらっしゃったなら、(祖母にとって)幸せなことですよね」と黒柳が声を掛けた際は、「どういう意味ですか?」と返答した。

 

滝沢は最後に、得意の四文字熟語で黒柳を「早口国宝」と讃えた。子供の頃から「この方すごい早口だな」と思っていたとし、「全部を巻き込む力強さとか国宝並みで、普通の早口とは違うというのを分からせたかったので」と説明。さらに番組出演の感想を「四字熟語で」と黒柳に振られると、こうコメントした。

 

「最高最高」

 

始終“滝沢節”が炸裂していたが、黒柳は例のごとく淡々と返答。ネットでは「大怪獣バトル」「神回」と、好評のようだ。いっぽうで、丁寧かつ真摯に受け答えする滝沢に絶賛の声が上がっている。

 

《独特な日本語使うけど、人を傷付ける汚い言葉は絶対使わない。それはおばあさんから良い教育を受けてたからなんだね》

《滝沢カレンの言葉選び流石すぎるけど、ずっと背筋伸ばして徹子さんの方をしっかり向いてるの偉いなあ》

《ちゃんと会話をしようとしてる。言ったことの意味が分からなければ茶化したりしないでちゃんと聞き返す。素敵な番組だった》