元HKT48メンバー・岡田栞奈(21)が7月12日の深夜、宝塚歌劇団の団員と食事をしたとTwitterで報告。一部の歌劇団ファンから「現役団員のプライベートな情報は公にするな」「ルール違反だ」と批判が殺到している。

 

あまりの反響を受け、岡田は「写真はNGですが文面での記載の許可をちゃんと頂いて書いています」とコメント。

 

しかし納得のいかないファンからは《到底信じられないのですが?お金を支払ってお食事会に行くファンの気持ちを考えませんか?》《まだ現役の宝塚の男役さんとの交流を公にされてしまうとファンの気持ちとしてはキツイものがあります》などといった声が上がっている。

 

実は「団員のプライベートを公開しない」というのは、ファンの間で“暗黙のルール”として存在していた。だが、今回の騒動により知ったというファンもいるようだ。

 

「その他にも、”出待ちで団員にファンレターを渡す際は礼儀正しくひざまずく””複数のファンクラブに入ってはいけない”など細かく決められているそうです。場合によっては、イベント時に着用する服も定められていると聞きました」(舞台関係者)

 

だがこうしたルールは、暗黙だからといって無視できるものではなさそうだ。

 

「ファンの間では『他の人がしないことはしないように』が鉄則。先輩から脈々と受け継がれてきたものです。暗黙とはいえ、ファンにとっては大事なもの。今回のようなことにならないためにも、ルールの明文化を求める声も上がっていますね」(前出・舞台関係者)

 

SNSがこれだけ普及している今、ルールの意味を問い直す必要があるかもしれない。